新型コロナウイルス感染症の神奈川県重点医療機関に対するグラウンド提供について

(2020.04.13 更新)

本日、神奈川県黒岩知事の緊急記者会見で発表がありましたように、湘南ヘルスイノベーションパークは、政府の緊急事態宣言に伴う神奈川県の要請を受けて、新型コロナウイルス感染症の臨時の仮設医療施設の建設用地として、当施設のグラウンドを有期にて無償でお貸しすることにいたしました。

これは、湘南アイパークに隣接する湘南鎌倉総合病院が、「神奈川モデル」における重点医療機関 (中等症患者受け入れ機関) として指定されたことに伴い、同病院の仮設医療施設の建設のため、上記の協力を要請されたものです。

神奈川県からの発表

神奈川県においても医療崩壊の危機が叫ばれる中、ヘルスイノベーションパークとして、医療のための場所をご提供し、国民及び県民の皆様の健康に寄与することができればと、今回のご協力を決定いたしました。

一方で、入居者および地域の方の安全には最大限の注意を払って進めていくことも、県および病院にお約束いただいています。

感染防止対策など、今後の具体的な予定につきましては、神奈川県からの発表をご参照ください。