=================================

BIO Digital 2021 に参加しました

BIO Digital 2021 Top Page Banner-2.png

BIO Digital 2021に参加しました!

昨年 Best of BIO に選ばれた、世界のエコシステムリーダーによる熱いパネルディスカッションが繰り広げられました。

詳細はこちら
こちらから動画をご覧いただけます

 

湘南アイパークの COVID-19 対策

湘南アイパークでは、入居者・メンバー・来訪者の方の健康を守るため、刻々と変化する状況に迅速に対応しながら、さまざまな対策を行っています。

詳しくはこちら

お問合せEHS_ipark@takeda.com

VC投資動向比較レポート

「ヘルスケア業界におけるベンチャーキャピタル投資動向」比較レポートをまとめました。

ダイジェスト版はこちらから

フルレポートは、入居者およびメンバーシップ会員 (メール会員を除く) 限定で5月公開予定です。

詳細はこちら

湘南ヘルスイノベーションパークとは

湘南ヘルスイノベーションパーク (湘南アイパーク) は、2018年4月、武田薬品工業株式会社が湘南研究所を開放することにより設立された、企業発のサイエンスパークです。製薬企業のみならず、次世代医療、AI、ベンチャーキャピタル、行政など、幅広い業種や規模の産官学が結集し、エコシステムを形成することで、ヘルスイノベーションを加速する場となることを目指しています。

5:48

2:42

3:12

新着情報

[2021.08.05]

【Press Release】湘南アイパークの施設において、100%再生可能エネルギー電力の購入を開始


[2021.07.07]

【Press Release】湘南ヘルスイノベーションパークのメンバーシップ加入のお知らせ~証券会社として初の参画、日本のライフサイエンス市場における投資を加速~


[2021.07.02]

【Press Release】湘南アイパーク、全従業員の家族を含めた新型コロナワクチンの職域接種開始さらに藤沢市の集団接種会場として提供協力へ


[2021.06.22]

【Press Release】湘南アイパーク、VC, CVCおよび製薬会社の連携を目的とした「日本VCコンソーシアム」  第2期会員企業を募集


[2021.05.27]

【Press Release】AI Dynamics、日本マイクロソフト、日本アイ・ビー・エムの3社、湘南アイパーク内でAI/DXに関する無料相談サービスを開始


[2020.05.24]

【寄稿】PharmaBoardroom にて、湘南アイパークジェネラルマネジャー藤本利夫の連載第5回 "Life Science VC Funding in Japan: Signs of Growth & Untapped Opportunities" が掲載されました


[2021.04.26]

【Press Release】「アイパーク クラウドファンディング」第3号 目標金額達成 -前がん検診の実用化につながる検査キットの開発を支援-


[2021.04.21]

【Press Release】村岡・深沢地区のヘルスイノベーション最先端拠点形成等に向け3つの分科会により研究を推進


[2021.04.15]

【Press Release】「湘南アイパークメンバーシップ」 新たなプランを加えてリニューアル 次世代ライフサイエンスを切り拓く「パイオニア・コミュニティ」 をさらに拡充へ


[2021.04.06]

【Press Release】湘南アイパーク 英国のサイエンスエコシステム ナショナル・ホライズンズ・センターとパートナーシップ契約を締結


[2021.02.10]

【Press Release】「アイパーク クラウドファンディング」第3号プロジェクトを開始


[2021.02.02]

【Press Release】「iPS 細胞提供プラットフォーム」の構築に向けた実証実験を開始しました


[2021.01.21]

【イベントレポート】湘南アイパークジェネラルマネジャー藤本が登壇したオンラインイベント「日本の医療制度におけるイノベーションと持続可能な医療の実現に向けて」(The Economist 主催) のサマリーレポートがダウンロードできるようになりました


The Economist 発行の白書「日本のイノベーティブな ライフサイエンス・エコシステムを支えるために」はこちら
※ジェネラルマネジャー藤本が専門家としてヒアリング協力しています


[2021.01.20]

【Resident News】湘南アイパークの入居企業である、武田薬品工業と田辺三菱製薬が、オープンイノベーションの一環として、公知化合物に関する社内評価データの一部共有を決定


武田薬品からの発表はこちら
田辺三菱製薬からの発表はこちら