RI実験施設の放射線障害の防止

 

 

RI実験施設の建設・運用・管理は、放射線障害防止法施行規則等、関係法令に準拠し、放射線を物理的に遮へいするため、壁に十分な厚みをもたせ、遮へい効果の高い鉛板を施す等の措置を講じています。なお、RI施設に関しては、原子力規制委員会による施設適合性の許認可がなされる方式となっています。また、放射線障害の発生するおそれがある場所を管理区域として指定し、放射能標識によりこれを明示します。管理区域への立ち入りは所定の手続により予め許可を得た者に限り、放射線の防護具の着用、放射線測定器の携帯等を義務づけています。更に、放射線障害の予防に係る社内規定に基づき、管理組織の設置、施設や設備の保守、従業員の安全教育、災害時や事故発生時における組織、指示系統、災害拡大防止手順を明確化等しています。

[注] RI実験施設は大病院や他の研究機関にも存在する安全性の高いものです。


RI実験施設の排気処理計画

  • 主な除去対象物質
    放射性同位元素

  • 除去処理装置
    目の細かさの異なるフィルターにより段階的に空気中からゴミ、塵埃、エアロゾル等を十分に取り除く他、対象物質に応じた吸着特性のある活性炭フィルターにより化学物質を吸着します。なお、フィルター交換時に除去した物質が拡散するのを防止する構造となっています。
View infographic