湘南アイパークの COVID-19 対策

COVID-19 流行下における湘南アイパークの施設運営方針

(2020.08.23 更新)

湘南アイパークでは、2月下旬より新型コロナウイルス対策委員会を立ち上げ、入居者・メンバーおよび来訪者の皆様の健康を守るべく、施設運営上の対策を策定・推進しています。

なお、湘南アイパークを訪れた方が、新型コロナウイルス陽性と診断された場合には、すぐに EHS_ipark@takeda.com までご連絡ください。

Shonan iPark New Normal_JP.png

 

医薬品やライフサイエンスに関わる企業が中心である湘南アイパークでは、在宅勤務に代替できない研究などの業務のために出勤をされる方々が多くいらっしゃいます。

そうした方々の健康を守るため、入居者、来訪者の皆様におかれましては、不要不急のご来訪、ご面談等をお控えいただき、また感染防止策にご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

※3月末に、湘南アイパークに勤務される方の感染例が発生していますが、担当自治体および保健所と迅速に連携して該当箇所や動線の消毒、濃厚接触者の同定および自宅待機の要請など、事前に定めたフローに則って対応を行っています。

※湘南アイパークでは保健所など関係機関と密に連携し、情報を迅速・透明に共有しています。今後も状況に応じて、各企業の方針や個人情報の保護を考慮したうえで、適切な情報を公開していきます。

 

【お問合せ先】EHS_ipark@takeda.com

神奈川県重点医療機関に対するグラウンド提供について

(2020.04.13 更新)

本日、神奈川県黒岩知事の緊急記者会見で発表がありましたように、湘南ヘルスイノベーションパークは、政府の緊急事態宣言に伴う神奈川県の要請を受けて、新型コロナウイルス感染症の臨時の仮設医療施設の建設用地として、当施設のグラウンドを有期にて無償で提供 (貸与) することにいたしました。

これは、湘南アイパークに隣接する湘南鎌倉総合病院が、「神奈川モデル」における重点医療機関 (中等症患者受け入れ機関) として指定されたことに伴い、同病院の仮設医療施設の建設のため、上記の協力を要請されたものです。

神奈川県からの発表

神奈川県においても医療崩壊の危機が叫ばれる中、ヘルスイノベーションパークとして、医療のための場所をご提供し、国民及び県民の皆様の健康に寄与することができればと、今回のご協力を決定いたしました。

一方で、入居者および地域の方の安全には最大限の注意を払って進めていくことも、県および病院にお約束いただいています。

感染防止対策など、今後の具体的な予定につきましては、神奈川県からの発表をご参照ください。

 

(2020.08.24 更新)

湘南アイパークグラウンド貸与契約の延長について

湘南アイパークでは、本年4月、神奈川県の要請を受け、新型コロナウイルス感染症対応の臨時病棟建設を目的としたアイパークグラウンドの無償貸与を決定しました。当初の契約においては本年9月までの貸与となっておりましたが、現状の感染拡大状況を踏まえて神奈川県から契約の延長要請があり、神奈川県および全国のひっ迫した医療現場の現状に貢献するため、2021年3月末までの貸与延長に応じることにいたしました。現状の契約では、貸与終了後、建物の撤収、グラウンドの整備、衛生状態確認を行い、2021年7月末日までに原状復帰予定です。

アイパークでは引き続き、神奈川県と密に連携を取り、入居者・メンバーの皆様が安心して通勤できる環境を確保してまいります。ご不明な点がありましたら下記までお問い合わせください。

 

【お問合せ先】smb.iparkcommunication@takeda.com